Loading

経営が危ない老人ホームを見分ける3つのコツ

老人ホーム選びは第二の人生を決める大事な選択です。

近年は高齢者の増加につれて介護保険関連施設が増加の一途を辿っていますが、その陰には経営が傾いている施設や倒産してしまう施設があるのも事実です。

介護業界は建設業や小売業など全くの異業種からの参入も多く、中には老人ホームの経営についてほとんど素人という企業もあります。

異業種からの参入であってもしっかりとした経営をしているところももちろんありますが、劣悪なサービスで入居者が離れたり、スタッフの確保や育成に失敗して経営が行き詰るところも散見されます。

経営が危ない老人ホームは、サイトの内容、スタッフの離職状況、入居率です。

サイトにサービス内容について具体的な記載が少なく、頻繁に求人を出していて入居率がずっと低いところは要注意です。

関連記事

  1. まるでリゾート気分!最新の老人ホームを徹底調査

  2. 親の介護は「自分でする」か「施設に任せる」か

  3. サービスが「乏しい」老人ホームを見分ける3つのコツ

  4. お金がない人でも「老人ホーム」は入れる?

  5. 今申し込んだら入居できるのはいつ?特養老人ホームの実情

  6. 「超」がつく高級老人ホーム!想像を超える”優雅な暮らし”を紹介

  7. 【実情】ペットと暮らせる老人ホームならではの問題点とは?

  8. 家族が認知症になったら…すぐ始めるべき3つの行動

  9. 悪い介護施設とは?入所前に見極められるのか

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP