Loading

生活保護でも施設入居は可能?準備しておきたい老後の話

生活保護を受給していても、老人ホームなどの施設に入居をすることは可能です。

ただ生活保護を受給しているということは、日々の暮らしに追われて貯金をすることも難しいので、老後には富裕層向けの老人ホームに入居することが難しい場合が多いです。

富裕層向けではなくても、昨今の自治体が運営している老人ホームは充実をしていますし、生活保護受給者であっても所得に応じて利用料金を支払う仕組みになっているので過度に心配をする必要はありません。

気を付けておきたいのは老人ホームに入居をすることができても、家賃や食費などとは別に、高齢になると医療費や医療機関に通うための交通費が必要になります。

それらは別途支払うことになるので、老後を迎える前に貯蓄を頑張る努力も必要です。

関連記事

  1. 親の介護は「自分でする」か「施設に任せる」か

  2. 今申し込んだら入居できるのはいつ?特養老人ホームの実情

  3. 体験入居で要チェック!悪い介護施設を見分ける3カ条

  4. 在宅介護の「限界」はいつ?共倒れする境界線とは

  5. 認知症でも入れますよね?事前に知りたい施設の実態

  6. まるでリゾート気分!最新の老人ホームを徹底調査

  7. 入居後に「ダメな介護施設」と気づいたら…どう対処すべき?

  8. 高級老人ホームが人気の理由!すぐに入りたくなる特徴やポイントを紹介

  9. 悪い介護施設とは?入所前に見極められるのか

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP