Loading

【1分で分かる】介護老人保健施設のメリット・デメリット

介護老人保健施設とは、介護を必要とする高齢者に対してリハビリや専門的な医療・看護のケアを行い、自宅復帰に向けて一定期間サポートする施設です。

メリットとしては介護の程度にもよりますが、退院後でも本人やご家族が困らない程度までリハビリを適切に行ってくれるため、双方の負担が減ることです。

一般家庭でリハビリを行うことは、専門的知識がないご家族にとってもかなりハードルが高いのでその点はメリットでしょう。

デメリットとしては、やはりコストの面です。

食費や居住費などを考慮すると月額でも9万円~15万円ほど負担を強いられます。

また、お亡くなりになるまで居住が出来る施設でもないため、いずれはご自宅に戻り、ご家族の方の何かしらの見守りや看護が必要になります。

関連記事

  1. 【1分で分かる】軽費老人ホームのメリット・デメリット

  2. 【1分で分かる】特別養護老人ホームとは?

  3. 【1分で分かる】訪問入浴介護のメリット・デメリット

  4. 【1分で分かる】訪問介護とは?

  5. 【1分で分かる】ケアハウスとは?

  6. 【1分で分かる】健康型有料老人ホームのメリット・デメリット

  7. 【1分で分かる】介護保険施設とは?

  8. 【1分で分かる】地域密着型特別養護老人ホームとは?

  9. 【1分で分かる】軽費老人ホームとは?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP