Loading

【相場を知る】介護老人保健施設の費用と内訳

介護老人保健施設の入居基準は、要介護1以上の65歳以上の高齢者と決まっています。

ただ特定疾病が原因で介護認定されている、40歳以上で64歳未満の人たちも入居できることになります。

しかし医療行為の種類によって看護師が、24時間常駐していない施設では受入れが不可能な場合もあります。

施設が提供するサービスは週2回以上のリハビリで、1回のリハビリ時間は20から30分程度です。

リハビリの内容はベッドからの起き上がりと車椅子への移乗、歩行訓練など在宅復帰を目指したものになっています。

そして施設への入居は初期費用がかからないことも特徴です。

月額費用は9から20万円程度といわれています。

月額費用の内訳は居住費と食費や介護サービス費とサービスの加算費で、他にも洗濯代や娯楽費などは利用者が実費を負担します。

関連記事

  1. 特養の費用は「年金」で足りる?老人ホームの豆知識

  2. 【相場を知る】訪問入浴介護の費用と内訳

  3. 年金生活でも施設入居は可能?準備しておきたい老後の話

  4. 経費老人ホームは全3種類!型別の費用や特徴を解説

  5. 【相場を知る】介護老人福祉施設の費用と内訳

  6. 【相場を知る】軽費老人ホームの費用と内訳

  7. 【相場を知る】デイサービス(通所介護)の費用と内訳

  8. 【相場を知る】グループホームの費用と内訳

  9. 【相場を知る】住宅型有料老人ホームの費用と内訳

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP