Loading

介護老人保健施設に入居するには?必要な手続きや書類を解説

介護老人保健施設は例外もありますが、一般的には65歳以上で要介護1以上の高齢者というのが入居基準です。

その手続きは介護老人保健施設に直接申し込みます。

病院に入院している場合は医療ソウシャルワーカー、在宅介護をしているときはケアマネージャーに相談すると良いでしょう。

介護老人保健施設に入るためには、本人と家族との面接が必要です。

その時に要介護度と本人の状況や医療ケア等について聞かれます。

書類等の手続きについては介護老人保健施設利用申し込み書、診療情報提供書または健康診断書や看護サマリー(病院や他の施設からの転院の時)が必要です。

そのうえで面談内容と書類審査の上入賞が決定します。

その後入居契約を行って、入所日が決まられます。

関連記事

  1. 楽しい老後を叶える「老人ホーム」の選び方

  2. 住宅型有料老人ホームの食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  3. 老人ホームの選び方!「住宅型」と「健康型」はどう決める?

  4. 訪問介護サービスは「どこまで」頼めるの?

  5. 要介護3は家族だけで介護できる?必要なサポートを紹介

  6. グループホームに入居するには?必要な手続きや書類を解説

  7. 老人ホームの選び方!軽費老人ホームはどんな人にオススメ?

  8. 老人ホームの選び方!介護老人保健施設はどんな人にオススメ?

  9. ショートステイはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP