Loading

格安の老人ホームを見つけるには?人に教えたくない3つのコツ

まずはインターネット、そして資料請求などで徹底して費用を調べることが重要です。

老人ホームにも施設の新旧、そして富裕層向けかそうではないかなどで入居金や月額に大きな開きがあるもの。

ご自身がお住まいになっているエリアで特に料金が安い施設をチェックして、できれば実際に目にしてみましょう。

格安はいいが、施設やスタッフの雰囲気、サービスの質が悪いのはやはり避けるべきです。

また次に、住民票を施設の自治体に移すといった入居条件を敷いている施設を選ぶということです。

そのような場合も格安料金が特色となっているケースが多いです。

最後の方法は介護職員に紹介してもらう、ということです。

まあ、人的コネクションということですが、赤の他人よりも親族に介護職のいる場合、条件の良い施設に入りやすいのは実情です。

関連記事

  1. 特養の費用は「年金」で足りる?老人ホームの豆知識

  2. お金はいくら必要?高級老人ホームの費用と内訳

  3. 【相場を知る】介護老人福祉施設の費用と内訳

  4. 【相場を知る】健康型有料老人ホームの費用と内訳

  5. 【相場を知る】住宅型有料老人ホームの費用と内訳

  6. 経費老人ホームは全3種類!型別の費用や特徴を解説

  7. 軽費老人ホームはどこまで安い?その他施設と比較してみた!

  8. 【相場を知る】在宅介護の費用と内訳

  9. 【相場を知る】介護老人保健施設の費用と内訳

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP