Loading

グループホームに入居するには?必要な手続きや書類を解説

介護保険法に基づくグループホームは、正式には認知症対応型共同生活介護といい、認知症の診断を受けた人を対象とします。

入居に当たっては主治医が発行した診断書に基づき、認知症であることを確認する必要があります。

手続きの説明を受ける際にその旨の説明がなされますので、あらかじめ主治医と話をしておくことが重要です。

そのグループホームと連携をとっているところであれば、すでに知っていることですので心配の必要はなくなります。

診断に基づいての話ですから、あくまで認知症やその関係の疾患であることを示す診断書が必須です。

診断書料は患者本人かその家族が支払うもので事前の準備が欠かせません。

なお、認知症の場合はほぼ要介護1以上になるため、こちらの条件は満たすことになります。

関連記事

  1. ケアハウスの食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  2. デイサービス(通所介護)はどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  3. 従来型とユニット型はどう違う?老人ホームの選び方

  4. 住宅型有料老人ホームの食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  5. ケアハウスはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  6. 介護老人福祉施設の食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  7. 要介護5は家族だけで介護できる?必要なサポートを紹介

  8. 介護老人福祉施設はどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  9. 軽費老人ホームの食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP