Loading

老人ホームの選び方!グループホームはどんな人にオススメ?

高齢者施設には有料老人ホームや介護老人保健施設、ケアハウス、グループホームなど様々な種類があります。

ここではグループホームと有料老人ホームとの違いやグループホームがオススメの人などを説明します。

グループホームとは、認知症の高齢者が共同生活を営む施設です。

入居の際は65歳以上で要支援2以上、要介護1以上の認知症患者という条件があります。

施設の概要は5~9人を1ユニットとし、1つの施設につき2ユニットまで設置が可能です。

入居者の部屋のほか交流スペースやダイニングルーム、キッチン、浴室などが備えられています。

認知症ケア専門のスタッフが配置されていますので、認知症の人が人との交流を保ちながら過ごすのに向いている施設です。

関連記事

  1. 楽しい老後を叶える「老人ホーム」の選び方

  2. ショートステイはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  3. グループホームの食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  4. 特別養護老人ホームに入居するには?必要な手続きや書類を解説

  5. ケアハウスの食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  6. 住宅型有料老人ホームの食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  7. 老人ホームの選び方!「住宅型」と「健康型」はどう決める?

  8. サービス付き高齢者向け住宅に入居するには?必要な手続きや書類を解説

  9. 要介護4は家族だけで介護できる?必要なサポートを紹介

最近の記事

低コストで入居したい方へ

探し方のコツを知りたい方へ

関連リンク

  • 非常用発電機 消防法

    非常用発電機の保守点検ができる業者をお探しなら「TEC」へ!これまでたくさんの負荷運転点検をしてきた技術があるので、施設の停電をせずに点検をしてもらう事ができますよ☆しかも、作業時間が短く低コストなので、気になる方は、是非こちらからチェックしてみて下さい!

    tec-jp.com/

PAGE TOP