Loading

【1分で分かる】ケアハウスとは?

ケアハウスとは、高齢者が低額でサービスを受けられる老人ホームのことです。

そのため、別名「軽費老人ホーム」とも呼ばれます。

一般的な有料老人ホームとの違いは、「介護が不要な人でも入居できる」点です。

自立型ケアハウスは、自力で生活はできるけれど、頼れる家族がおらず収入にも不安がある人を入居の対象にしています。

提供するサービスも食事の提供や掃除、緊急時の対応などがメインです。

入居者には個室が与えられ、スタッフに見守られながら自由に生活することができます。

一方、介護が必要な人向けのケアハウスは「介護型ケアハウス」と呼ばれます。

こちらは日常生活のサポートに加え、トイレや入浴の介助などもサービスに含まれます。

介護型には要介護度1以上の高齢者が入居可能です。

関連記事

  1. 【1分で分かる】軽費老人ホームとは?

  2. 【1分で分かる】老人ホームにおける「ユニット型」とは?

  3. 【1分で分かる】ショートステイとは?

  4. 【1分で分かる】特別養護老人ホームのメリット・デメリット

  5. 【1分で分かる】介護予防とは?

  6. 【1分で分かる】訪問介護とは?

  7. 【1分で分かる】サービス付き高齢者向け住宅とは?

  8. 【1分で分かる】ショートステイのメリット・デメリット

  9. 【1分で分かる】介護老人福祉施設とは?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP