Loading

【1分で分かる】ケアハウスとは?

ケアハウスとは、高齢者が低額でサービスを受けられる老人ホームのことです。

そのため、別名「軽費老人ホーム」とも呼ばれます。

一般的な有料老人ホームとの違いは、「介護が不要な人でも入居できる」点です。

自立型ケアハウスは、自力で生活はできるけれど、頼れる家族がおらず収入にも不安がある人を入居の対象にしています。

提供するサービスも食事の提供や掃除、緊急時の対応などがメインです。

入居者には個室が与えられ、スタッフに見守られながら自由に生活することができます。

一方、介護が必要な人向けのケアハウスは「介護型ケアハウス」と呼ばれます。

こちらは日常生活のサポートに加え、トイレや入浴の介助などもサービスに含まれます。

介護型には要介護度1以上の高齢者が入居可能です。

関連記事

  1. 【1分で分かる】ショートステイとは?

  2. 【1分で分かる】ケアハウスのメリット・デメリット

  3. 【1分で分かる】看取り介護とは?

  4. 【1分で分かる】地域密着型特別養護老人ホームとは?

  5. 【1分で分かる】介護老人保健施設のメリット・デメリット

  6. 【1分で分かる】在宅介護のメリット・デメリット

  7. 【1分で分かる】住宅型有料老人ホームとは?

  8. 【1分で分かる】グループホームとは?

  9. 【1分で分かる】介護保険施設とは?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

探し方のコツを知りたい方へ

関連リンク

  • 鍼 川崎

    川崎の鍼治療ならケッズトレーナー。鍼で全身にあるツボに刺激を与え、全身を健康な状態へ戻す治療をおこないます。血流を良くすることで自己治癒力を高め、体の不調を回復させます。

    ks-trainer.co.jp/

PAGE TOP