Loading

【1分で分かる】軽費老人ホームのメリット・デメリット

軽費老人ホームのメリットは、少ない経費で介護を受けられることです。

この軽費老人ホームにはAタイプとBタイプに分かれ、Aタイプは自分自身で動けるが炊事洗濯ができない人が対象で食事提供があります。

Bタイプは手足が不自由ですが、全く動けないわけではないため炊事洗濯が自分自身である程度できる人が対象です。

そのため少ない経費で生活支援してくれるので、税制的な圧迫がないのが利点になります。

その反面デメリットとしては、軽費老人ホームはあくまで介護認定が軽症が対象です。

年数を重ねることで体の一部が完全にマヒする状態や認知症を発症した場合など介護等級が上がってしまうと、軽費老人ホームでは身請けが出来ないと判断され退所をしなければならない事態になります。

関連記事

  1. 【1分で分かる】訪問介護とは?

  2. 【1分で分かる】グループホームとは?

  3. 【1分で分かる】看取り介護とは?

  4. 【1分で分かる】特別養護老人ホームとは?

  5. 【1分で分かる】介護老人保健施設のメリット・デメリット

  6. 【1分で分かる】訪問介護のメリット・デメリット

  7. 【1分で分かる】健康型有料老人ホームとは?

  8. 【1分で分かる】特別養護老人ホームのメリット・デメリット

  9. 【1分で分かる】介護保険制度とは?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP