Loading

経費老人ホームは全3種類!型別の費用や特徴を解説

軽費老人ホームはAとBそしてケアハウスのCの3通りに分類され、それぞれサポートされる内容や利用条件が異なります。

A型は独居では不安がある人が対象で、食事提供や生活支援などが受けられます。

それに対してB型は食事提供がないのが大きな違いなので、自炊できる人が対象です。

そしてその分月にかかる費用が抑えられます。

ケアハウスではそこからさらに介護型と一般型に分かれ、前者は介護サービスを必要とする人、後者は必要ない人が対象です。

初期費用はABと一般型が30万円であるのに対して、介護型ではより高額になることもあります。

またA・B・一般型が60歳以上に設定された年齢の条件が、介護型では65歳以上になります。

その他にも共同生活ができることや、月収の上限などの条件もあります。

関連記事

  1. 【相場を知る】軽費老人ホームの費用と内訳

  2. 入居金0円!?お金がかからない老人ホームへの入り方

  3. 【相場を知る】介護老人福祉施設の費用と内訳

  4. 【相場を知る】介護老人保健施設の費用と内訳

  5. 【相場を知る】ケアハウスの費用と内訳

  6. 【相場を知る】デイサービス(通所介護)の費用と内訳

  7. お金はいくら必要?高級老人ホームの費用と内訳

  8. 高級老人ホームはそんなに高い?その他施設と比較してみた!

  9. 特養の費用は「年金」で足りる?老人ホームの豆知識

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP