Loading

【1分で分かる】サービス付き高齢者向け住宅とは?

サービス付き高齢者向け住宅とは、生活支援や介護などのサービスを提供する高齢者向けの住宅です。

多くの場合は賃貸住宅で初期費用と月額費用がかかります。

一般の高齢者を対象とするところと介護も提供するところがありますが、どこもバリアフリーや緊急通報装置の設置など国の基準を満たしています。

名前から60歳以上でなければ入れないと思う人も多いですが、要介護認定を受けていれば60歳未満でも受け入れてくれるところがあります。

一般サービスの内容は食事や掃除、洗濯など生活補助です。

介護型になると入浴や食事、排泄の補助がつきます。

ただし看護師が常駐していないなど、有料老人ホームとくらべて介護サービスのレベルは低いです。

ですから症状の重い人には適していません。

関連記事

  1. 【1分で分かる】介護老人福祉施設のメリット・デメリット

  2. 【1分で分かる】看取り介護とターミナルケアの違いとは?

  3. 【1分で分かる】住宅型有料老人ホームのメリット・デメリット

  4. 【1分で分かる】介護保険制度とは?

  5. 【1分で分かる】訪問入浴介護とは?

  6. 【1分で分かる】グループホームのメリット・デメリット

  7. 【1分で分かる】特別養護老人ホームのメリット・デメリット

  8. 【1分で分かる】デイサービス(通所介護)のメリット・デメリット

  9. 【1分で分かる】介護老人保健施設のメリット・デメリット

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP