Loading

【相場を知る】サービス付き高齢者向け住宅の費用と内訳

今、高齢者の間でかなり人気があるサービス付き高齢者向け住宅に関心をお持ちの方も多いでしょう。

高齢になると、いくら夫婦二人でも普通のマンションやアパート、一軒家で暮らすのは不安が残るものです。

その点、サービス付き高齢者向け住宅ならケアしてくれるスタッフもいるので、何かと安心です。

しかも、有料老人ホームと比較するとサービス付き高齢者向け住宅は比較的大金がかからずに入居できることもあります。

ただ、低額なのは賃貸借契約の形で契約する一般型です。

初期費用として数十万円の敷金を支払いますが、月額費用は安ければ5万円程度で済みます。

高くても25万円ぐらいで、周辺の賃貸マンションやアパートの相場に準じて決められます。

内訳としては、家賃と管理費を合わせたものが月額費になります。

一方介護型だと入居一時金も数十万円から数千万円かかり、月額費も家賃や管理費の他、食費も合わせて15万円から40万円程度かかります。

関連記事

  1. 軽費老人ホームはどこまで安い?その他施設と比較してみた!

  2. 【相場を知る】ケアハウスの費用と内訳

  3. 【相場を知る】グループホームの費用と内訳

  4. 【相場を知る】介護老人福祉施設の費用と内訳

  5. 入居金0円!?お金がかからない老人ホームへの入り方

  6. 【相場を知る】在宅介護の費用と内訳

  7. 【相場を知る】介護老人保健施設の費用と内訳

  8. 【相場を知る】訪問入浴介護の費用と内訳

  9. 【相場を知る】軽費老人ホームの費用と内訳

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP