Loading

サービス付き高齢者向け住宅に入居するには?必要な手続きや書類を解説

サービス付き高齢者向け住宅に入居する際、必要となる手続きは入居一時金と入居承諾書・保証人のサインが掛かれた契約書となっています。

サービス付き高齢者向け住宅は特別養護老人ホーム等の介護施設とは異なり、あくまでも集合住宅という位置づけになります。

その為、利用料には介護保険が適応されないので介護認定書や診断書といった書類は不要です。

入居一時金は高齢者向け住宅ごとに金額が異なりますが、相場としては約1,000万~1,500万円となっており、分譲マンションクラスの価格です。

入居承諾書とは一時金を収めて、その住宅で生活する旨と記載されている注意事項に了承したうえでサインを書き、実印を押します。

保証人名を記す書類にはお子様、もしくは親族にサインと書いてもらって提出します。

関連記事

  1. 特養の入所条件とは?法改正で待機が減ったってホント?

  2. 評判のいい介護施設の見つけ方!人に教えたくない3つのコツ

  3. 介護老人保健施設に入居するには?必要な手続きや書類を解説

  4. 軽費老人ホームに入居するには?必要な手続きや書類を解説

  5. 【最新版】高齢者向け施設の種類と特徴

  6. グループホームはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  7. 軽費老人ホームの食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  8. ショートステイはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  9. 要介護1は家族だけで介護できる?必要なサポートを紹介

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP