Loading

【1分で分かる】在宅介護のメリット・デメリット

在宅介護のメリットとして大きいのが、安心感です。

お世話を受ける方は慣れ親しんだ自宅で介護されるため、不安な気持ちを抱かずに済みます。

介護をする家族も、自宅内ですべてのお世話が済むので安心です。

行政からバリアフリーや介護に関する補助も受けられるので、軽い補助であれば施設に預けるよりも安心かつ安価なのがメリットです。

一方で在宅でお世話をする事にも、デメリットがあります。

何かあったら即、要介護者のもとまで駆けつけなければならず、また終わりがない仕事でもあるため、お手伝いをする家族の人数が少ないと、家族みんなの心身が疲弊していくのが難点です。

また年配の方の中には、顔見知りの家族に恥ずかしい姿を見られる事に大きなストレスを覚える方々も多く、家族同士だからこそ助かる部分と辛い部分が生じます。

関連記事

  1. 【1分で分かる】介護保険施設とは?

  2. 【1分で分かる】健康型有料老人ホームとは?

  3. 【1分で分かる】訪問介護とは?

  4. 【1分で分かる】特別養護老人ホームとは?

  5. 【1分で分かる】ケアハウスとは?

  6. 【1分で分かる】介護老人福祉施設のメリット・デメリット

  7. 【1分で分かる】介護老人保健施設とは?

  8. 【1分で分かる】介護予防とは?

  9. 【1分で分かる】訪問介護のメリット・デメリット

最近の記事

低コストで入居したい方へ

探し方のコツを知りたい方へ

関連リンク

  • 千葉 屋根工事

    屋根工事はトモケン。千葉で30年、富津市を中心に活動している会社です。雨漏りやヒビ割れなどの気になる箇所や、見えない部分だけど築年数的に状態が気になるなど、是非ご相談ください。

    www.tomoken-kumamoto.jp/

PAGE TOP