Loading

在宅介護の「限界」はいつ?共倒れする境界線とは

在宅介護は住み慣れた場所で腰を据えて取り組むことができる点はメリットですが、限界に達すると共倒れしてしまう可能性があります。

そのため、在宅介護を検討しているなら共倒れする限界の境界線について理解しておくことをおすすめします。

たとえば、介護をする側が相手の姿を見たり、声を聴いたりした際に気持ちが沈むような状態は限界に近付いています。

また、相手の姿を見たくないと思ってしまう状況も限界が迫っています。

在宅介護で共倒れすることを心配している場合は無理をせずに老人ホームの利用をおすすめします。

老人ホームならプロが歩行や食事、入浴など日常生活で必要な行動を全面的にサポートしてくれるため、限界を気にすることはありません。

関連記事

  1. まるでリゾート気分!最新の老人ホームを徹底調査

  2. 親の介護は「自分でする」か「施設に任せる」か

  3. 高級老人ホームが人気の理由!すぐに入りたくなる特徴やポイントを紹介

  4. サービスが「乏しい」老人ホームを見分ける3つのコツ

  5. 生活保護でも施設入居は可能?準備しておきたい老後の話

  6. 経営が危ない老人ホームを見分ける3つのコツ

  7. ダメな介護施設の見極め方!充実した老後のために知っておこう

  8. 「超」がつく高級老人ホーム!想像を超える”優雅な暮らし”を紹介

  9. お金がない人でも「老人ホーム」は入れる?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP