Loading

老人ホームの選び方!「住宅型」と「健康型」はどう決める?

住宅型老人ホームは食事や洗濯、掃除や毎日の健康管理などのサービスを提供し、高齢者が快適に暮らせるようにする施設で、この中には住宅型や健康型などのタイプがあります。

健康型は文字通り健康な方のみが入所できる施設で、日々の家事などの業務も自立してできるが、一人で生活するのは不安な方が対象で、病気や加齢などで介護が必要となった時には退所しなければなりません。

住宅型は比較的自立できる方が対象で、こちらは支援サービスが付いています。

介護が必要となった時は、外部の地域の通所サービスや在宅介護サービスと契約し、そのままホームでの生活を継続することができます。

十分に一人で自立でき生活に支障がない方が向いていて、少しでもこの先近々介護が必要と感じる場合は、住宅型が向いています。

関連記事

  1. 介護老人福祉施設に入居するには?必要な手続きや書類を解説

  2. 【最新版】高齢者向け施設の種類と特徴

  3. ケアハウスはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  4. 特養の入所条件とは?法改正で待機が減ったってホント?

  5. 充実したシニアライフに!海が見える老人ホームが人気らしい!

  6. 特別養護老人ホームはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  7. ショートステイはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  8. 健康型有料老人ホームはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  9. 要介護2は家族だけで介護できる?必要なサポートを紹介

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP