Loading

【1分で分かる】ショートステイのメリット・デメリット

ショートステイのメリットは、急遽家族などによる介護が出来なくなったときに、数日間など対応をしてもらえるため安心できることが最大のものです。

反対にデメリットとしては、施設の空くのを待っている場合に、中長期的に利用をしようとする場合がありますが、最大でも連続で30日までしか利用が出来ません。

1日開けて再度利用をするという方法もありますが、費用負担が大きくなってしまいます。

その他にも入院加療が必要だと医師から言われている場合にも、利用が出来ない場合があります。

特に特別養護老人ホームにおけるショートステイは、入院などの医療が必要でない場合に利用できるものであるため、仮に入院しての治療が必要な場合は、まずそちらを優先することになります。

関連記事

  1. 【1分で分かる】健康型有料老人ホームのメリット・デメリット

  2. 【1分で分かる】デイサービス(通所介護)のメリット・デメリット

  3. 【1分で分かる】訪問介護とは?

  4. 【1分で分かる】ケアハウスのメリット・デメリット

  5. 【1分で分かる】訪問介護のメリット・デメリット

  6. 【1分で分かる】介護保険施設とは?

  7. 【1分で分かる】ショートステイとは?

  8. 【1分で分かる】住宅型有料老人ホームのメリット・デメリット

  9. 【1分で分かる】介護予防とは?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP