Loading

【1分で分かる】地域密着型特別養護老人ホームとは?

特別養護老人ホームとは、地方自治体や社会福祉法人が運営している介護施設の1つです。

65歳以上で要介護3から5の認定を受けている人が入居の対象となっています。

特別養護老人ホームの利用者は、常に介護が必要で自宅で介護するのが難しい人に限られます。

低料金で充実したサービスを受けることができます。

人気があるので地域によってはすぐに入居できないこともあります。

特別養護老人ホームには3種類あり、広域型・地域サポート型・地域密着型となっています。

地域密着型特別養護老人ホームは定員が30人未満で、原則としてその施設がある地域に住んでいる人しか利用することはできません。

どこに住んでいても申し込める広域型に比べて、小規模な施設といえます。

関連記事

  1. 【1分で分かる】介護予防とは?

  2. 【1分で分かる】在宅介護とは?

  3. 【1分で分かる】介護老人福祉施設のメリット・デメリット

  4. 【1分で分かる】訪問入浴介護のメリット・デメリット

  5. 【1分で分かる】住宅型有料老人ホームのメリット・デメリット

  6. 【1分で分かる】ケアハウスのメリット・デメリット

  7. 【1分で分かる】住宅型有料老人ホームとは?

  8. 【1分で分かる】デイサービス(通所介護)とは?

  9. 【1分で分かる】特別養護老人ホームとは?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP