Loading

老人ホームの選び方!特別養護老人ホームはどんな人にオススメ?

特別養護老人ホームとは、自宅での生活が困難になった、要介護認定を受けた高齢者が入居できるもので、公的な介護保険施設になります。

略して、「特養」と呼ばれることも多く、公的な施設であることから、民間施設に必要な一時金はなく、所得に応じて減免制度もあるため比較的安く入居できること、看取りまで行ってくれる終の棲家であることから、資産や所得が少なく、自宅での生活が今後難しい人にはオススメの施設と言えます。

終生住むことができる安心感もあって人気ですが、デメリットもあります。

要介護度が低い人は入居できませんし、地域差はあるものの待機時間があり、長く待たなければ入居できない場合も少なくありません。

医療制度には限界があるので、高度な医療を必要としている人は受け入れてくれない場合があります。

関連記事

  1. 介護老人福祉施設に入居するには?必要な手続きや書類を解説

  2. 従来型とユニット型はどう違う?老人ホームの選び方

  3. 介護老人福祉施設の食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  4. 老人ホームの選び方!住宅型有料老人ホームはどんな人にオススメ?

  5. サービス付き高齢者向け住宅に入居するには?必要な手続きや書類を解説

  6. 訪問介護サービスは「どこまで」頼めるの?

  7. 健康型有料老人ホームはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  8. 老人ホームの選び方!ケアハウスはどんな人にオススメ?

  9. 老人ホームの選び方!「住宅型」と「健康型」はどう決める?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP