Loading

家族が認知症になったら…すぐ始めるべき3つの行動

家族が認知症になったら、すぐに始めるべき行動の1つは、医療機関を受診して適切な治療を受けることです。

薬により症状を遅らせることもできますから、医師と相談をすることが重要です。

2つ目は、家族だけで常に見守ることは難しいので、地域包括支援センターに相談をして民生委員さんなどに協力を求めます。

そして3つ目は、認知症が進んで家族だけでは面倒を見切れなくなった場合、医療機関や特別養護老人ホームに入居をしてもらうという方法があります。

あらかじめ相談をしておけば、症状が悪化した場合にも入居手続きがスムーズになりますし、早めに入居をすることでその場所での生活に慣れることができ認知症を症状悪化を遅らせることにもつながります。

関連記事

  1. 在宅介護の「限界」はいつ?共倒れする境界線とは

  2. まるでリゾート気分!最新の老人ホームを徹底調査

  3. 体験入居で要チェック!悪い介護施設を見分ける3カ条

  4. 今申し込んだら入居できるのはいつ?特養老人ホームの実情

  5. 親の介護は「自分でする」か「施設に任せる」か

  6. ダメな介護施設の見極め方!充実した老後のために知っておこう

  7. 生活保護でも施設入居は可能?準備しておきたい老後の話

  8. 経営が危ない老人ホームを見分ける3つのコツ

  9. 【実情】ペットと暮らせる老人ホームならではの問題点とは?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

探し方のコツを知りたい方へ

関連リンク

  • 表参道 歯医者

    オーダーメイド歯科治療のできる歯医者をご存知ですか?表参道の「ニノデンタルオフィス」なら、完全個室で一人1時間以上の治療時間をしっかり確保してもらえるなど、ライフスタイルやご予算に応じてあなたのご希望にぴったりの治療法を提案してもらえますよ♪詳しくはこちらからチェックしてみて下さい!

    www.ninodental.com/

PAGE TOP