Loading

【1分で分かる】訪問入浴介護のメリット・デメリット

最近、街中でも訪問入浴介護を掲げたワゴン車などを見かけることが多くなりましたが、訪問入浴介護にはメリットとデメリットがあります。

訪問入浴介護のメリットは、自宅のお風呂を使用するのではなく、浴槽をベッドの横などまで持ってきてくれるため、お風呂に入れる際の危険や負担が軽減される点にあります。

家でお風呂に入れる場合はどうしても頻度が低くなりがちで、介護される人の清潔さが保てなくなる危険性がありますが、訪問入浴介護では看護師によるチェックも受けられる点がメリットです。

対してデメリットは、異性に服を着ていない状態で介護を受ける可能性があるため、抵抗を感じる方もいる点です。

さらには、訪問介護サービスを受けていない方は、看護師が来ていても医療行為は受けられないことがデメリットです。

関連記事

  1. 【1分で分かる】ショートステイのメリット・デメリット

  2. 【1分で分かる】在宅介護とは?

  3. 【1分で分かる】住宅型有料老人ホームとは?

  4. 【1分で分かる】介護予防とは?

  5. 【1分で分かる】健康型有料老人ホームのメリット・デメリット

  6. 【1分で分かる】介護老人保健施設とは?

  7. 【1分で分かる】ケアハウスとは?

  8. 【1分で分かる】看取り介護とは?

  9. 【1分で分かる】訪問入浴介護とは?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

探し方のコツを知りたい方へ

関連リンク

  • 関西 ドライバー

    ドライバーに関するお仕事を探されているなら、ドライバー派遣ドットコム【関西版】へ!「ドライバー専門」なので、登録から勤務までスピーディーに始められるお仕事が多数紹介されています。早速チェックしてみて下さいね!

    www.kansai-driver-haken.com/

PAGE TOP