Loading

【1分で分かる】訪問入浴介護とは?

訪問介護入浴とは自宅でお風呂に入る時一人では困難な場合や、介護をしている家族が自宅にいても入浴介助をすることが難しいときに、専門のスタッフが訪問をして入浴のお手伝いをするというサービスです。

専門のスタッフは基本的に3名で訪問し、看護スタッフが1名と介護スタッフが2名で構成されています。

組み立て式の簡易型浴槽を自宅に設置をして、そこにお湯をためて入浴の介助を行う手順になっています。

設置する簡易型浴槽は、一般家庭にある浴槽と同じくらいの大きさなので、リビングや居間でも入浴することが可能です。

自分で動くことが難しかったり、寝たきりの状態であっても、看護スタッフが血圧や体温を測定して体調を確認しながら作業をするので安心感があります。

関連記事

  1. 【1分で分かる】在宅介護のメリット・デメリット

  2. 【1分で分かる】介護予防とは?

  3. 【1分で分かる】サービス付き高齢者向け住宅とは?

  4. 【1分で分かる】看取り介護とターミナルケアの違いとは?

  5. 【1分で分かる】訪問介護のメリット・デメリット

  6. 【1分で分かる】サービス付き高齢者向け住宅のメリット・デメリット

  7. 【1分で分かる】介護老人福祉施設のメリット・デメリット

  8. 【1分で分かる】ショートステイのメリット・デメリット

  9. 【1分で分かる】軽費老人ホームのメリット・デメリット

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP