Loading

【1分で分かる】老人ホームにおける「ユニット型」とは?

最近では、老人ホームの居住スペースが画一的ではなくなり、一人一人の生活が送れるようになってきているものもあります。

その一つが、ユニット型と呼ばれるものです。

ユニット型は、居室をプライベートな空間として、いくつかの居室の前にみんなで利用できる共同スペースが設けられています。

そのため、自宅で家族と過ごすように、自分一人になりたい場合は居室で、他の方々と過ごしたい場合は共同スペースで過ごせるメリットがあります。

ですが、従来の老人ホームでは大きな部屋の相部屋が基本だったため、ユニット型を作る際には、部屋に間仕切りを設けただけのものも存在しています。

その場合は、プライベートな居室であっても音漏れなどが発生してしまう可能性があります。

関連記事

  1. 【1分で分かる】在宅介護とは?

  2. 【1分で分かる】訪問介護のメリット・デメリット

  3. 【1分で分かる】軽費老人ホームのメリット・デメリット

  4. 【1分で分かる】グループホームのメリット・デメリット

  5. 【1分で分かる】住宅型有料老人ホームのメリット・デメリット

  6. 【1分で分かる】訪問介護とは?

  7. 【1分で分かる】地域密着型特別養護老人ホームとは?

  8. 【1分で分かる】デイサービス(通所介護)のメリット・デメリット

  9. 【1分で分かる】ショートステイとは?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP