Loading

サービスが「乏しい」老人ホームを見分ける3つのコツ

サービスが悪い老人ホームは、いくら月々の費用が安くても肝心な入居後の生活がつまらないものになってしまいます。

サービスが乏しい老人ホームを見分けるコツは3つありますが、とにかく実際に施設を見に行くことです。

普段からしっかりケアして貰っている場合、入居たちの表情も穏やかで楽しそうになるはずです。

新しく入るかも知れない見学者に対してもにこやかに迎えてくれるでしょう。

ところが、いつも納得できない環境で暮らしている場合、入居者たちの関係もギスギスしがちで、表情にも不安が見え隠れしている可能性大です。

表情がなにより雄弁に語ることがあるので、最大のコツは見学に行って雰囲気を確かめることです。

第二のコツとして、見学に行った時に衛生面もチェックして下さい。

不衛生な環境ならサービス面も期待できません。

第三のコツとして、説明時に良いことしか言わない時は少し怪しんだ方が良いかも知れません。

関連記事

  1. 悪い介護施設とは?入所前に見極められるのか

  2. 在宅介護の「限界」はいつ?共倒れする境界線とは

  3. 「超」がつく高級老人ホーム!想像を超える”優雅な暮らし”を紹介

  4. 家族が認知症になったら…すぐ始めるべき3つの行動

  5. 認知症でも入れますよね?事前に知りたい施設の実態

  6. 今申し込んだら入居できるのはいつ?特養老人ホームの実情

  7. 生活保護でも施設入居は可能?準備しておきたい老後の話

  8. 体験入居で要チェック!悪い介護施設を見分ける3カ条

  9. まるでリゾート気分!最新の老人ホームを徹底調査

最近の記事

低コストで入居したい方へ

探し方のコツを知りたい方へ

関連リンク

  • 保温工事 防熱工事

    船舶の保温工事・防熱工事の依頼はワークマーケティング。船舶にとって生命線とも言われる保温・断熱・防熱工事を高い技術力でおこなっています。全国からの依頼にも対応。是非お問い合わせください。

    www.workmarketing.jp/

PAGE TOP