Loading

親の介護は「自分でする」か「施設に任せる」か

育ててもらった親を介護しなければならない状態になった場合は、自分でするか施設に任せるかを決めなければなりません。

自分でするなら食事の準備や食べる時のサポート、入浴や排泄時の介助などを担当することになります。

全ての作業を自分で行うのは肉体面と精神面に大きな負担がかかることになります。

一方で老人ホームなどの施設に任せるのであれば、生活するうえで必要な行動の多くをサポートしてもらえます。

そのため、自分でする時のような肉体面や精神面の負担を減らせるメリットがあります。

親の介護の負担を少しでも減らしたかったり、プロのサポートを受けて親と自分の安全な暮らしを実現したかったりする場合は、施設を頼る選択は価値があります。

関連記事

  1. 入居後に「ダメな介護施設」と気づいたら…どう対処すべき?

  2. サービスが「乏しい」老人ホームを見分ける3つのコツ

  3. 経営が危ない老人ホームを見分ける3つのコツ

  4. 家族が認知症になったら…すぐ始めるべき3つの行動

  5. 今申し込んだら入居できるのはいつ?特養老人ホームの実情

  6. ダメな介護施設の見極め方!充実した老後のために知っておこう

  7. 【実情】ペットと暮らせる老人ホームならではの問題点とは?

  8. 認知症でも入れますよね?事前に知りたい施設の実態

  9. 「超」がつく高級老人ホーム!想像を超える”優雅な暮らし”を紹介

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP