Loading

体験入居で要チェック!悪い介護施設を見分ける3カ条

介護施設の体験入居で確認しておきたいのは、部屋や食堂の状態です。

異臭がしたり椅子やテーブルが清潔でないと職員の手入れが行き届いていない証なので、衛生状態が悪い可能性があります。

入居者の状態も介護施設を見分けるポイントで、服装が乱れていたり汚れていたり、爪や髪の毛が伸びっぱなしになっていると丁寧な介護が行われていないと考えられます。

施設内の入居者・職員の雰囲気も見分けるポイントの一つで、良好な関係を築けていると空気感も良くなります。

反対に職員が入居者に高圧的な態度をとる介護施設だと、認知症の入居者が怯えていたり雰囲気が悪いです。

介護施設に入居したらこれら3つのポイントをチェックして、良いか悪いか判断しましょう。

関連記事

  1. 家族が認知症になったら…すぐ始めるべき3つの行動

  2. 今申し込んだら入居できるのはいつ?特養老人ホームの実情

  3. ダメな介護施設の見極め方!充実した老後のために知っておこう

  4. 「超」がつく高級老人ホーム!想像を超える”優雅な暮らし”を紹介

  5. 経営が危ない老人ホームを見分ける3つのコツ

  6. 認知症でも入れますよね?事前に知りたい施設の実態

  7. 悪い介護施設とは?入所前に見極められるのか

  8. 【実情】ペットと暮らせる老人ホームならではの問題点とは?

  9. 入居後に「ダメな介護施設」と気づいたら…どう対処すべき?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP