Loading

【相場を知る】ショートステイの費用と内訳

老人ホームで行われているショートステイは、短期的に施設に入所して介護や支援が受けられるサービスであり、冠婚葬祭など避けられない用事があるときなどにも適しています。

ホームにより内容や費用には違いがありますが、一般的な料金相場としては一日あたり四千円前後です。

費用の内訳としては、基本料金と特別サービスを利用する場合にはその加算分、そして介護保険外の自費負担分となっています。

非課税世帯の場合には、滞在費と食費よ減額があるので、さらにリーズナブルな料金で利用することが可能です。

利用するホームの種類と利用するサービスによる違いがあるので、一概にいくらと決めつけず複数から見積もりを取って判断することも大切になってきます。

関連記事

  1. 【相場を知る】住宅型有料老人ホームの費用と内訳

  2. 経費老人ホームは全3種類!型別の費用や特徴を解説

  3. 格安の老人ホームを見つけるには?人に教えたくない3つのコツ

  4. 軽費老人ホームはどこまで安い?その他施設と比較してみた!

  5. 【相場を知る】介護老人福祉施設の費用と内訳

  6. 特養の費用は「年金」で足りる?老人ホームの豆知識

  7. 【相場を知る】軽費老人ホームの費用と内訳

  8. 【相場を知る】介護老人保健施設の費用と内訳

  9. 【相場を知る】ケアハウスの費用と内訳

最近の記事

低コストで入居したい方へ

探し方のコツを知りたい方へ

関連リンク

  • マイクロニードル

    コスメディ製薬の開発したマイクロニードル技術とは、微細針の先端部に薬剤を含有させ、皮膚に貼付することで薬剤を体内に投与するパッチ形態の新規経皮吸収製剤です。投与に痛みを伴わない、出血しないもので、女性でも安心してご利用できます。

    cosmed-pharm.co.jp/

PAGE TOP