Loading

従来型とユニット型はどう違う?老人ホームの選び方

大きな老人ホームで棟やフロアごとに介護するのが従来型ですが、近年はユニット型が増えてきています。

ユニット型は、福祉国家として有名なスウェーデン方式に由来する介護ケアで、日本でも取り入れられるようになりました。

10人以下程度の少人数のグループをユニットとして区分けし、ユニットごとに専用の居住空間と専任の職員を配置する方式で、小規模な生活単位になるので家庭的な雰囲気の中で一人ひとりの個性や生活リズムに合わせた個別ケアをしやすいという特徴があります。

個人の生活スタイルを尊重するために、個室が配置され、個室の先には専用のリビングスペースがあり利用者同士がかかわりながらも、きめ細やかなケアを受けることができるのです。

関連記事

  1. 特養の入所条件とは?法改正で待機が減ったってホント?

  2. 特別養護老人ホームに入居するには?必要な手続きや書類を解説

  3. 要介護1は家族だけで介護できる?必要なサポートを紹介

  4. 軽費老人ホームはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  5. ショートステイはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  6. 特別養護老人ホームの食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  7. 軽費老人ホームに入居するには?必要な手続きや書類を解説

  8. サービス付き高齢者向け住宅はどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  9. グループホームはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP