Loading

要介護3は家族だけで介護できる?必要なサポートを紹介

介護保険では介護を必要とする人の身体状況などに応じて、要介護1から要介護5までの5段階の区分(要支援1・要支援2を含めると7つの区分)が定められています。

このうちの要介護3は「立ち上がりや歩行、食事、排せつ、入浴の際に全面的な介助が必要」なレベルであり、家族だけでの介護は難しい状態だといえるでしょう。

自宅での介護を希望するのであれば、訪問看護(健康管理)や訪問介護(生活支援など)などのサポートを活用することをおすすめします。

また要介護3は特養(特別養護老人ホーム)への入居条件を満たす等級となっていますので、自宅での介護が難しい場合には、施設入所を含めた介護プランを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 評判のいい介護施設の見つけ方!人に教えたくない3つのコツ

  2. 軽費老人ホームはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  3. 介護老人福祉施設に入居するには?必要な手続きや書類を解説

  4. 【最新版】高齢者向け施設の種類と特徴

  5. ケアハウスはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  6. ショートステイはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  7. 良い介護施設の見つけ方!充実した老後のための豆知識

  8. 老人ホームの選び方!グループホームはどんな人にオススメ?

  9. 老人ホームの選び方!「住宅型」と「健康型」はどう決める?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

探し方のコツを知りたい方へ

関連リンク

  • AKASHIC-TREE

    AKASHIC-TREEのスターリングシルバー&ターコイズワイヤーアンクレットは毎日のファッションをお洒落に、そして大人っぽく仕上げてくるシルバービーズとアリゾナ州産のターコイズを使用した存在感のあるワイヤーアンクレットです。

    akashic-tree.jp/

PAGE TOP