Loading

介護老人保健施設はどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

介護老人保健施設は、病気や怪我をして介護や援助が必要だけれど、リハビリをして改善し自宅での生活に戻ることを目指す人に向いています。

病状が安定した人が、さらに機能維持や改善をするために看護や医学的な管理のもとで行われるリハビリを中心とした介護サービスを受けることができます。

リハビリを重点にした設備が充実をしていますし、医療的ケアを受けることができるので、老人ホームと医療機関の中間施設のようなイメージになります。

入居一時金はありませんし、原則入居期間は3ヶ月に定められているので、待機者は少なく比較的入居しやすいです。

要介護認定が1~5までの人が入居することができるので、利用しやすい施設だといえます。

関連記事

  1. 老人ホームの選び方!ケアハウスはどんな人にオススメ?

  2. ケアハウスの食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  3. サービス付き高齢者向け住宅に入居するには?必要な手続きや書類を解説

  4. 老人ホームの選び方!軽費老人ホームはどんな人にオススメ?

  5. 良い介護施設の見つけ方!充実した老後のための豆知識

  6. 住宅型有料老人ホームはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  7. 介護老人福祉施設に入居するには?必要な手続きや書類を解説

  8. 要介護1は家族だけで介護できる?必要なサポートを紹介

  9. 老人ホームの選び方!特別養護老人ホームはどんな人にオススメ?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

探し方のコツを知りたい方へ

関連リンク

  • 保温工事 防熱工事

    船舶の保温工事・防熱工事の依頼はワークマーケティング。船舶にとって生命線とも言われる保温・断熱・防熱工事を高い技術力でおこなっています。全国からの依頼にも対応。是非お問い合わせください。

    www.workmarketing.jp/

PAGE TOP