Loading

【1分で分かる】住宅型有料老人ホームのメリット・デメリット

住宅型有料老人ホームのメリットは、自由度が高く入所後もある程度自立した生活を送れる点にあります。

さらに、受ける介護の内容も希望にあったケアプランを作成し、ひとりひとりに合ったサービスを提供してもらえる点もその利用にあたっての魅力と言えます。

一方で、住宅型有料老人ホームによっては介護度が重くなったり認知症に由来した徘徊が始まった際、転居が必要となる施設もある点には注意が必要です。

また、介護付き有料老人ホームと違い、介護の使える枠が多くあるがゆえに限度額近くまで使った場合、介護保険の負担金が高価になってしまうことがある点も住宅型有料老人ホーム利用時のデメリットであり注意点と言えます。

利用を検討している人は必ず事前にその詳細を確認しておきましょう。

関連記事

  1. 【1分で分かる】住宅型有料老人ホームとは?

  2. 【1分で分かる】サービス付き高齢者向け住宅のメリット・デメリット

  3. 【1分で分かる】ケアハウスのメリット・デメリット

  4. 【1分で分かる】介護老人保健施設とは?

  5. 【1分で分かる】ショートステイとは?

  6. 【1分で分かる】在宅介護のメリット・デメリット

  7. 【1分で分かる】看取り介護とは?

  8. 【1分で分かる】軽費老人ホームとは?

  9. 【1分で分かる】デイサービス(通所介護)のメリット・デメリット

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP