Loading

【相場を知る】軽費老人ホームの費用と内訳

何種類かある老人ホームの中でも、軽費老人ホームは利用者の費用負担が軽くて済むところが最大のメリットです。

軽費老人ホームの場合一時期がないところも少なくありません。

ただし同じ軽費老人ホームでも数種類あるので、介護サービスがついているタイプの施設だと30万円から40万円程度の入居一時金を支払うことになる傾向があります。

介護サービス費もプラスされるので、自立できる高齢者向けのホームよりはお金がかかります。

介護サービスがないタイプの軽費老人ホームも、食事を自分で用意するかどうかで費用は決まります。

食事を自分で準備できる方のための施設だと、月々にかかる費用は管理費や光熱費、雑費などで3万円から4万円程度で済むこともあります。

食事の準備をお願いできるタイプの施設だと、管理費などに加え、食費の分が加算されるので毎月6万円から17万円ぐらいの支払いになります。

関連記事

  1. 所得が低くても安心!少ない費用で入れる老人ホームの探し方

  2. 【相場を知る】デイサービス(通所介護)の費用と内訳

  3. 特養の費用は「年金」で足りる?老人ホームの豆知識

  4. 【相場を知る】在宅介護の費用と内訳

  5. 【相場を知る】ショートステイの費用と内訳

  6. 年金生活でも施設入居は可能?準備しておきたい老後の話

  7. 入居金0円!?お金がかからない老人ホームへの入り方

  8. 【相場を知る】グループホームの費用と内訳

  9. 【相場を知る】住宅型有料老人ホームの費用と内訳

最近の記事

低コストで入居したい方へ

探し方のコツを知りたい方へ

関連リンク

  • ドライバー派遣 名古屋

    名古屋のドライバー求人が多数。ドライバー派遣ドットコム東海版。エリアや、各種こだわり条件で検索可能。仕事探しでお困りの方は是非一度チェックしてみてください。

    www.tokai-driver-haken.com/

PAGE TOP