Loading

【最新版】高齢者向け施設の種類と特徴

高齢者向け施設の種類には、主に要介護者向けと自立状態の方向けに分けられます。

要介護者向けの施設はさらに民間と公的な施設に分かれ、民間のものにはサービス付き高齢者住宅や健康型有料老人ホーム、高齢者専用賃貸住宅や高齢者向け優良賃貸住宅、シニア向け分譲マンションなどがあります。

介護付き有料老人ホームは介護が必要になった時に、ホームいるスタッフが介護してくれる施設です。

主なサービスは食事サービスや清掃、洗濯などの生活支援サービスの他、入浴や排せつ介助、リハビリや機能訓練などがあります。

レクリエーションやイベントなども提供しているので、日々の生活を楽しみながら過ごすことができます。

費用は入居時に払う入居金の他に、月額使用料があります。

関連記事

  1. 老人ホームの選び方!「住宅型」と「健康型」はどう決める?

  2. 介護老人保健施設の食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  3. 軽費老人ホームの食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  4. 老人ホームの選び方!軽費老人ホームはどんな人にオススメ?

  5. ケアハウスの食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  6. 特別養護老人ホームの食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  7. グループホームに入居するには?必要な手続きや書類を解説

  8. 要介護2は家族だけで介護できる?必要なサポートを紹介

  9. サービス付き高齢者向け住宅はどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP