Loading

要介護4は家族だけで介護できる?必要なサポートを紹介

要介護4は、介護認定1~5の中で比較的重度の症状が見られることを意味していますから、家族だけで介護するのは難しいです。

要介護4になると、食事や排せつ、入浴という毎日の生活に欠かせない動作を一人で行うことができず全面的なサポートが必要になるからです。

そのため家族だけの介護は困難になるため、必要なサポートとしてデイザービスの場合は週4~5回の頻度が利用できます。

その際に食事は排泄の介助を受けたり、家事代行や服薬管理も受けられます。

要介護4になると、自宅での介護が難しいため、特養などの施設に入居することも可能です。

特養への入居は待機をしなければならないこともありますが、要介護4になると優先度が高くなるので比較的待たずに入居することができます。

関連記事

  1. ケアハウスはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  2. サービス付き高齢者向け住宅に入居するには?必要な手続きや書類を解説

  3. 要介護1は家族だけで介護できる?必要なサポートを紹介

  4. 良い介護施設の見つけ方!充実した老後のための豆知識

  5. ケアハウスに入居するには?必要な手続きや書類を解説

  6. ショートステイはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  7. 楽しい老後を叶える「老人ホーム」の選び方

  8. 軽費老人ホームに入居するには?必要な手続きや書類を解説

  9. 老人ホームの選び方!特別養護老人ホームはどんな人にオススメ?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

探し方のコツを知りたい方へ

関連リンク

  • フランチャコルタ スパークリングワイン

    こだわりのブドウワインならフランチャコルタを選びませんか?歴史を見ていくと、16世紀から「痛烈な」ワインが造られており、樹齢に応じたいくつかの整枝法が共存している凄いワインなんです!こだわって作られているのがわかる、とっておきのワイン。ぜひ味わってみてください!

    franciacorta.wine/

PAGE TOP