Loading

軽費老人ホームはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

軽費老人ホームとは、ケアハウスとも呼ばれ、身の回りのことが自分でできる60歳以上の方が入居できます。

介護保険を利用しての入居ではありませんが、国から補助が出ているため、入居者の所得に応じて定額で利用することが可能です。

そのため、比較的元気であるものの、金銭的な問題で民間施設などの入居がかなわない方向けの施設と言えます。

軽費老人ホームでは、日常生活を支援してくれるサービスを利用して、生活相談をしたり、緊急時に職員に助けてもらうことが可能です。

掃除や洗濯、買い物などは自分でする必要がありますが、比較的自由な生活を送ることができるのがメリットと言えるでしょう。

自立した生活が円滑に行えるよう、レクリエーションも多く計画されているのが特徴です。

関連記事

  1. グループホームはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  2. デイサービス(通所介護)はどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  3. 老人ホームの選び方!軽費老人ホームはどんな人にオススメ?

  4. 要介護5は家族だけで介護できる?必要なサポートを紹介

  5. 老人ホームの選び方!「住宅型」と「健康型」はどう決める?

  6. 訪問介護サービスは「どこまで」頼めるの?

  7. 介護老人保健施設に入居するには?必要な手続きや書類を解説

  8. 要介護3は家族だけで介護できる?必要なサポートを紹介

  9. 特養の入所条件とは?法改正で待機が減ったってホント?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

探し方のコツを知りたい方へ

関連リンク

  • 株式会社幸大

    北海道らしい広大さと幸せが大きくなれば。という意味がこめられた株式会社幸大の作る絶品餃子はすべて熟練のスタッフが一つひとつ丁寧に手作りで作っています。できたての生餃子を加熱せず急速冷凍し、うま味そのままに全国へお届けしています。

    tonton-gyoza.com/

PAGE TOP