Loading

【1分で分かる】訪問入浴介護のメリット・デメリット

最近、街中でも訪問入浴介護を掲げたワゴン車などを見かけることが多くなりましたが、訪問入浴介護にはメリットとデメリットがあります。

訪問入浴介護のメリットは、自宅のお風呂を使用するのではなく、浴槽をベッドの横などまで持ってきてくれるため、お風呂に入れる際の危険や負担が軽減される点にあります。

家でお風呂に入れる場合はどうしても頻度が低くなりがちで、介護される人の清潔さが保てなくなる危険性がありますが、訪問入浴介護では看護師によるチェックも受けられる点がメリットです。

対してデメリットは、異性に服を着ていない状態で介護を受ける可能性があるため、抵抗を感じる方もいる点です。

さらには、訪問介護サービスを受けていない方は、看護師が来ていても医療行為は受けられないことがデメリットです。

関連記事

  1. 【1分で分かる】ショートステイとは?

  2. 【1分で分かる】介護予防とは?

  3. 【1分で分かる】訪問入浴介護とは?

  4. 【1分で分かる】老人ホームにおける「ユニット型」とは?

  5. 【1分で分かる】サービス付き高齢者向け住宅のメリット・デメリット

  6. 【1分で分かる】特別養護老人ホームのメリット・デメリット

  7. 【1分で分かる】介護保険制度とは?

  8. 【1分で分かる】介護老人福祉施設のメリット・デメリット

  9. 【1分で分かる】住宅型有料老人ホームとは?

最近の記事

低コストで入居したい方へ

探し方のコツを知りたい方へ

関連リンク

  • ケーワンテック

    ケーワンテックはガラスクリーニング、外壁打診調査・改修工事のトータルサポート、特別クリーニングを行っている会社です。外壁打診調査協会の第一号認定業者として3489棟以上のビルメンテナンス実績を持ち、安心・安全・スピーディーに対応してくれます。

    k-onetec.co.jp/

PAGE TOP