Loading

特別養護老人ホームに入居するには?必要な手続きや書類を解説

特別養護老人ホームは、要介護の高齢者が入居する介護保険施設のひとつで、一般的に「特養」とも呼ばれています。

民間が運営する有料老人ホームに比べると費用が安く、年金の範囲内でm入居できることも多いですが、その分入居のハードルが高く、地域によってはかなりの待機者がいるところもあります。

入居条件は要介護3以上ですが、特例で要介護1、2でも入居できることもあります。

入居の手続きは、希望する施設に入居申込書に必要事項を記入して提出します。

このほか介護保険被保険者証、在宅サービスを利用していた場合は直近3ヶ月iだの利用表別表も必要です。

その後に審査が行われ、入居の優先順位が決まり、面接を経て入居できるかどうかが決まるという流れです。

入居が可能と判断されると、空きが出次第入居の運びとなります。

関連記事

  1. 訪問介護サービスは「どこまで」頼めるの?

  2. 従来型とユニット型はどう違う?老人ホームの選び方

  3. 要介護1は家族だけで介護できる?必要なサポートを紹介

  4. 軽費老人ホームはどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

  5. 介護老人保健施設に入居するには?必要な手続きや書類を解説

  6. 住宅型有料老人ホームの食事は美味しい?具体的なメニューなどを徹底調査

  7. 良い介護施設の見つけ方!充実した老後のための豆知識

  8. 老人ホームの選び方!「住宅型」と「健康型」はどう決める?

  9. デイサービス(通所介護)はどんな人向け?具体的なサービスをもとに解説!

最近の記事

低コストで入居したい方へ

PAGE TOP